メンテナンス
Maintenance

ずっと着られるように

カシミヤをもっと身近な日常の服として着ていただくために、白田のカシミヤではメンテナンスを承っております。
汚れやほつれ、穴などで痛んでしまったものでも、お預かりして穴やほつれを直し、専門の洗いをかけて風合いを取り戻します。

自社で作ったものだから、ずっと面倒を見ていきたいという職人のこだわりのもと、お客さまの大切なニットを末永く
着続けていただけるように メンテナンスを受け付けています。

(※当社で受け付けているメンテナンスは白田の製品に限ります)

メンテナンス(クリーニング・お直し)
ご依頼の流れ

クリーニング、ほつれ直し、毛玉取りなどお使いの白田の製品でお困りのことはなんでもご相談ください。

1

お問い合わせ

依頼フォームに必要事項を入力の上、お問い合わせください。その後、担当者よりご連絡を差し上げます。

2

製品の送付

白田の製品を、弊社までお送りいただきます。

3

お預かり

送付いただいた製品を確認次第、メンテナンス作業内容と納期をご連絡いたします。

4

お振込み

前振込みをお願いしております。
仕上がりが近くなりましたら、振込先のご連絡を差し上げます。

5

ご返却

メンテナンス完了後、速やかにお客様のご自宅に直送いたします。

製品の送り先はこちら

〒981-4275宮城県加美郡加美町字穴畑53
有限会社シラタ メンテナンス担当 宛
Tel. 0229-63-8055

> クリーニングの料金表はこちら

注意事項

※ クリーニング料金については、料金表をご覧ください。
※ お直しについては、商品の状態を見てお見積もりをいたします。
※ お客様から商品をお送りいただく際の送料はお客様ご負担となります。お返しの際の送料は弊社負担になります。

ご自宅でのお洗濯・保管方法

  • ドライクリーニングより、ご自身でのお洗濯やシラタのクリーニングサービスをお勧めいたします。
  • 色移り防止のため、濃い色のニット製品と薄い色のニット製品は分けてお洗濯ください。
  • お洗濯には水道水をご使用ください。(ぬるま湯やお湯のご使用はお控えください。縮み・変形の原因となります。)

ご使用いただく洗剤について

  • おしゃれ着用洗剤がお勧めです。
  • 柔軟剤を使用する場合には使用目安以下の分量をお使いください。
  • リネン、コットン(植物繊維)製品は洗剤のご使用をお控えください。
!漂白成分入りの洗剤はご使用をお控えください
手洗いの場合
①ニット製品を裏返す。
②濡れムラがないよう洗面器などで十分に水を含ませる。
③洗剤の使用方法に沿って、優しく手洗い・すすぎをする。
④ネットに入れて、洗濯機の弱回転コーズで脱水にかける。
⑤ある程度形を整え陰干し・平干しで自然簡素させる。物干し竿にかける場合は二つ折りにかける。
⑥高温度(150~180℃)のアイロンで蒸気を当てる。
アイロンはニットから1cm程浮かし、直接ニット他にアイロンをつけない。もしくは薄地の当て布をしてもOK。
ドラム式洗濯機の場合
①濡れムラがないよう洗面器などで十分に水を含ませる。
②ニット製品を裏返してネットに入れドライコース/おしゃれ着用コース等弱回転コースを選択する。
水量はできる限り多めに設定する。
③ある程度形を整え陰干し・平干しで自然簡素させる。物干し竿にかける場合は二つ折りにかける。
⑥高温度(150~180℃)のアイロンで蒸気を当てる。
アイロンはニットから1cm程浮かし、直接ニット他にアイロンをつけない。もしくは薄地の当て布をしてもOK。
全自動洗濯機の場合
①濡れムラがないよう洗面器などで十分に水を含ませる。
②ニット製品を裏返してネットに入れドライコース/おしゃれ着用コース等弱回転コースを選択する。
水量はできる限り多めに設定する。
③ある程度形を整え陰干し・平干しで自然簡素させる。物干し竿にかける場合は二つ折りにかける。
⑥高温度(150~180℃)のアイロンで蒸気を当てる。
アイロンはニットから1cm程浮かし、直接ニット他にアイロンをつけない。もしくは薄地の当て布をしてもOK。
保管方法
ニット製品を表に返してたたみ、1時間ほど置いて粗熱を冷ます
密閉できるジッパー付ビニール袋などに入れ空気を抜いて保管する。
袋を二重にしたり、ビニール袋ごと密閉できる衣装ケースなどに
入れるとより安心!
防虫剤や乾燥剤を使用する場合はニット製品を入れた袋とは別の服に入れるなど、
ニット地と直感触れることがないようにする。
以上の内容は、虫食いやシミなどを完全に防止する保証としてのものではございません。
あくまでも推奨する保管方法ですのでご了承くださいませ。
メンテナンスを依頼する >